2017年12月25日

TRM

12月25日

GEO-Xさんとトレーニングマッチ(TRM)を行いました。

この日はクリスマス!!
移動の車内は、Mr.サンタからのプレゼントの話題で持ち切り

そんな中、『サンタはお母さんだよ』と、毎年必ず現実を突きつける子供のお話も楽しく訊かせてもらい、
グラウンドへ

TRMは、結果より内容です。
練習していることを試したり、個々がチャレンジする試合。
まぁ今回は、年明けに迫った選手権の確認の意味合いも大きいですが…

松浦さん??(確かそんな方)が、勝ちに不思議な勝ちあり・負けに不思議な負けなし。
のような言葉があったと思います(不十分でごめんなさい)

要は、なぜ勝てたかわからないことは、あっても、なぜ負けたかわからないことは無い。
と、解釈しています。

今回のTRM… まさにこれです。

選手たちは、ただ『勝った、負けた』だけではなく、敗けた原因(敗因)を話たりし、
少しずつだけど分かってきているように見えました。
これ、立派な成長です。

いつの間にか、5年生になる26期生
背伸びする必要なし!今できることを全力で!
感謝の気持ちと、謙虚な姿勢を大切に。

人として、選手として、男として!
成長していこう!!!!

Yoshiaki
posted by 4年生コーチ at 20:18| Comment(1) | 観戦記 | 更新情報をチェックする

綾南招待杯観戦記

2日間に渡り行われた、綾南招待杯

初日は2チームに分かれての参加となった。
机上の計算では、いわゆる “半分の戦力” での戦いとなる。

いやいや… 机上の計算だもの
半数だからって、戦力が半分になるわけではない!

要は、参加した選手が、責任と覚悟を持って戦えるか?だと思っている。
私個人、この“覚悟”という言葉が、すごく好きだ。

日常で、なかなか覚悟を決める瞬間なんて少ない(はず)
でも、覚悟を決めなければいけない時は必ずあるし、必ずくる。
この日の選手たちは、このメンバーで明日につなげる!今ある力を出し切る!を
覚悟を持って、実践していたように思う。

なので、ラッキーに思えた勝ち越しゴールも必然なのではないだろうか?
いつもは決められてしまう相手チームのシュートも、最後の最後まで体を寄せることができたから、
ゴールを外れたのだと思う。

しかし、それだけで勝てるほどサッカーは甘くないのも事実だ。
なので、この大会の全6試合を観戦し、感じた課題は大きく分けて6つ。
その中から、特に課題としてほしいのは、“判断をする前の準備” だ
※機会があったら残りの5つも書きたいと思います。

良くベンチから『考えろ』なんて声が飛んでいる。
選手はきっと、考えてるよ!と思っている。それゃそうだ。泡を噴いてサッカーしてるわけないのだから…
結果は結果でしかないですもんね。
大事なのは、その判断をするために、どんな準備をしたのか?だと思っている。

サッカーという競技の性質上うんじゃらかんじゃら…は、評論家に任せますが
相手がいる以上、その相手の嫌がることをしたい。
現代にこの言葉は、良くないのかもしれない。今は少なくなってきたのかもしれないが、運動会のかけっこですら順位をつけない
みんな仲良く平等に!ですもの

おいおい… と、思ってしまうのは私だけでしょうか??
社会に出れば給料や役職など、嫌でも順位がついてしまう。
どれだけシュートを打たれても、ポゼッションを取られても、
試合終了のホイッスルが鳴った時、1点でも多く得点したチームが勝利するのがサッカーだ。

ならば、相手が左足が苦手なのを分かっているなら左足で蹴らせれば良い。
スピードがないなら、スペースで勝負すれば良い。
縦に蹴ってくるなら蹴らせなければ良いじゃないか?
なにも相手の土俵で戦う必要はないのだから。

もちろんこれは、準備の一部でしかないが、準備ができたうえでの判断は、
突発的な判断より、確実に良い結果になるし、失敗しても納得がいくのではないだろうか?と思う
今回、ほとんどの選手が、ボールを奪ってから、またはボールが近くにきた時に判断していたように思えた。
奪ったは良いが、慌てて近くの仲間にパス!当然近いのだから、その仲間の付近には相手選手がいる。
ボールを受けた仲間も、受けてから判断するから、慌ててキ~ック(汗)
その結果、相手にボールが渡ってしまう。この繰り返し
たまたま仲間に通ると、チャンス!と、なってはいませんか?

なんだか難しい話っぽいけど、要はボールを置く位置、体の向き、運ぶ場所、マークすべき相手、気をつけたい場所、カバーの有無、使いたいスペースや仲間、ポジション取りなどなどなど、
普段、練習していることを、なんの練習だ??なんのためだ?理解し実践すれば、良い準備につながって、良い判断につながるのでは?たまたま通って、チャンス!ではなく、しっかり判断して…って話です。

この大会、結果的に三位入賞となりました。
チームの力を考えたら、本当に頑張ったと思う。
ただ、招待杯で三位になるためにサッカーしているわけでもないし、練習しているわけでもない(と思う)
志高く、あきらめないで、日々成長してくれたらと、切に願っております。

この度、選手・ご父兄の皆様には、ご迷惑をおかけいたしております。
チーム・スタッフ全力でサポートしてまいります。
至らない部分もあるとは思いますが、選手・スタッフ・ご父兄と、みんなで成長し
さらに良いチームになっていけたらと思っております。

長文になりました、最後まで読んでいただいた方、ありがとうございました。
また、ご招待いただきました綾南さん。設営・運営いただいたご関係者様、ありがとうございました。
ミハタSC相模原 代表 Mihata
IMG_1602.JPG
IMG_1604.JPG
おめでとう!

posted by 4年生コーチ at 19:58| Comment(1) | 観戦記 | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

今伝えたいこと

昨日の練習で皆のプレーで
足りないものを感じたので
話をした。

「サッカーで1番必要なものはなに?」って。
みんな色々考えていた。

体力、技術、賢さ、フィジカルとか。

コーチが考える必要なものは
「献身性」ってやつ。

簡単に言えば
チーム
味方の
ためにどれだけ頑張れるか。

最近は個人を大切にしよう、
個の力を高めよう
ってよく言われる。
それは間違えない。

ドリブル重視だったり
パスサッカーだったり
蹴って走るサッカーとか。
どれもサッカーはサッカー。
ただ本質は
自分がチームや仲間のために
どれだけやれるか、
やり抜けるかってとこ。
調子が良いときだけじゃないし
苦しい時だってある。
やめたくなることだってある

そんなときに
力を発揮できる選手を
育てられるように
これからも指導していきます





posted by 4年生コーチ at 12:53| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする